2006年01月10日

月9ドラマ「西遊記」感想。

すっげー面白かった!!

変に昔を意識させるより思い切って今時の西遊記にして正解だと思ったね。
3人の掛け合いとかテンション高くて見ていて楽しかったし、
泣かせるだけのドラマが多いなか、笑えて泣けるドラマは逆に新鮮に感じました。
今気づいたけど西遊記ってワンピースっぽいかも(笑)

香取君の孫悟空は少し悪っぽいヒーローみたいでかっこ良かった。
彼はこういう叫びっぱなしな役が合ってるなと思った。
ウッチャンはやっぱりアクションシーンが良かったね〜。
一歩引いてる感じも新しい沙悟浄って感じがして良かった。
電車君はオチ担当だろうなと思ってたけどまんまだった(笑)
次回は少し話に絡んできそうで楽しみ。
三蔵法師は普通に可愛かった。深っちゃん最高!

っていうか、ここまでベタ褒めなドラマも珍しい(笑)

次回も期待です!!

【関連する記事】
posted by Yagi at 23:41| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

『西遊記』第2回感想〜後半『イッテQ』とナンチャンについても
Excerpt: 『西遊記[:曇り:]』第2回見ました。面白いですね[:楽しい:]。各地を旅して、それぞれの町で、いろんな出来事が起こるのは、ドラクエなどのロールプレイングゲームみたいです[:ゲーム:]。悟空たちの衣..
Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記
Tracked: 2006-01-22 22:29