2006年07月10日

UTADA UNITED 2006。

もうね・・・ヒッキー最高っ!!!ヽ(´ー`)ノ

というわけで行って参りました〜!!
7月9日(日)静岡エコパアリーナ「UTADA UNITED 2006」!!!



utada1.jpg



<<反転ネタバレ注意!!>>


過去を振り返ってよ〜く考えてみたら、バンド名義じゃないアーティストの
ライブに参加するのは今回が初めてということに気が付いた。
もちろんヒッキーを見るのも初めてな訳です。

そして、その記念すべきライブの気になる座席はアリーナの5列22番。
「お〜〜、凄い前じゃん!!」
以前から知らされていたその5列目という、どう考えても前目の席番は
俺のテンションを前もって激上がらせた(笑)

そして今日、実際にその席を見つけた瞬間に更に驚いた。

「前から2列目じゃ〜〜〜ん!!!」

ウッチー情報でエコパのアリーナ中央は少し下がった所から席が設けられるという情報は聞いていたけど、
実際にその席に座ってみなければ絶対に分からないその圧倒的なステージの近さに正直ビビッタ(汗)
今回ばかりはチケットを取ってくれたウッチーに大感謝!!←今回だけかよ(笑)


その席から右手に見えるステージ中央の1本のマイクスタンド。
おそらくヒッキーが立つ位置だろう。
そしてそのマイクスタンドの後ろ、
バンドの機材を隠すように巨大なLEDスクリーンらしきものもはっきり見えた。


席について程なく、まもなく開演という場内アナウンスが流れる。

パラパラと拍手。

ん・・・あれ?もしかして・・・今日のお客さんあんまり盛り上がってない??

場内が暗転。

歓声が上がる。

ステージ奥をよく見ると星みたいなのがキラキラしてる。

俺は周りの様子を伺いながら立とうとした。

しかし・・・。

「だ、誰も立ってねぇぇぇぇ(゜▽゜;)」

俺的には暗転と同時に一斉に立ち上がるのがライブの常識だと思っていた。

っていうか、

「静岡県民よ!!今こそ立ち上がる時なんだよ!!!」と訳わかんない俺(笑)

ステージ中央の巨大なスクリーンにヒッキーのアップの映像が映し出される。

「おー、スゲ〜〜!!スゲ〜〜!!」

もうこの辺から、まだ座っている俺のテンションだけは限界を超えていた(笑)

巨大スクリーンが4分割され左右へ展開。

気が付けば本物のヒッキーがステージ下からゆっくり上昇してくる。


この時点で俺は絶対に立つ事を決意(笑)

ところが、周りの人達もヒッキー登場と同時にいきなり総立ち状態。

「ここで立つんかいっ!!!」と心で突っ込む俺(笑)


そんなこんなで1曲目の「Passion」が始まる。


その瞬間、光と音の洪水で圧倒された・・・。

巨大なモニターはステージ横にも設置されていて色々な映像が映し出される。
時にはヒッキーのリアルタイムの表情が、時にはお客の表情が、時にはPVの映像が途切れる事なく映される。
(ただ一つ個人的にすごく残念だった部分でもあった。
それは「誰かの願いが叶うころ」での映像。
他の曲と違いこの曲だけは具体的な映像が流れた。
ヒッキーの曲の中でこの曲は個人的だが凄く思い入れがあって、
その俺の中でのイメージとは全く違った映像が流れてしまった。
何か「こう聞け」とか「こういう曲だ」って提示されてるみたいで嫌だった。
まあ個人的な感想なんで他の人はそう思わないかもしれないけど。)



照明も凄かった。
白い照明が照らされると会場の中に空をつくったような感覚を覚える。
ステージ奥の照明がタイミング良く曲のサビで一斉に照らされると鳥肌が立つ程凄かった。
照明フェチの俺が思うにモニターと照明には相当金がかかってるとみたね(笑)
今まで色んなライブを見たけど正直ここまで光と映像にこだわった演出は見た事が無い。
さすがはヒッキーのダンナというべきか。

でも1番さすがと思わせたのはヒッキー本人だったのは間違いない!!
生で見るヒッキーは小さいけど凄い存在感というかオーラが凄かった。
ステージの隅から隅まで歌いながら独特のステップで歩き回る姿はとてもキュートだったし、
ライブ開始から4曲連続を完全に歌い切ったのも俺的には度肝を抜かれた。

短い時間のMCでもその時だけのネタで客をうまく盛り上げる。
ちなみに静岡2日目は正直序盤はあまり盛り上がっていなかったと思う。
なんていうか、みんな遠慮してる感じ?がしました。
それが途中のうなぎパイと松葉杖ネタで盛り上がりが一気に加速した感があった・・・(笑)
そしてそれが本編ラスト近くの
Can You Keep A Secret?
Addicted To You
Wait & See〜リスク〜
Lettersと繋がって、
ラストのKeep Tryin'の盛り上がり方は半端じゃなかった!!


そして今日のヒッキーのブログを見てみると、客の俺と同じ事を感じていたのはさすがだな〜と思いました。

また、ライブを通して俺自身知らない曲が1曲も無かった事にも驚いた。
気が付けば一緒に歌える曲ばかりでほんとうに楽しい時間だった。
俺っていつの間にヒッキーファンになったんだろうって位歌えちゃえます(笑)
約2時間という時間はとても短く感じてあっという間に終わっちゃいました。
ウッチーとも話したけど、どうして楽しい時間って短く感じるんだろうね〜。

そして今回のツアーは「ULTRA BLUE」のツアーというより、宇多田ヒカルとutada。
そしてお客さんとの一体感を感じられるという意味で本当に素晴らしいライブだったと感じました。

ただ欲を言えば「ULTRA BLUE」のシングル以外の曲も聴きたかったかな〜。
良い曲が多いアルバムなだけにそう思っちゃいましたよ〜。


それでも現時点で最高の宇多田ヒカルを体験できるのは間違いありません!
そして、もう一度行きたい!と思わせるライブでした!!

何とかして追加公演をやって欲しい!!
そしたら暗転と同時に立ち上がる事を約束します!!(笑)



ヒッキー、最高に楽しい時間をありがとう〜!
また是非静岡に来てくれぃ〜!!


utada2.jpg
posted by Yagi at 01:46| 静岡 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | LIVE | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も行ったけど私の周り、年輩の人だらけで、アンコールで初めて立ってたよ。ノリ悪すぎだよね。歌手も静岡は好まないみたい。とくにジャニーズとかは
Posted by ひめり at 2006年07月10日 12:49
私もツアー行きました〜っ南国鹿児島から福岡マリンメッセまでっ。ヒッキといる時間は今まで生きてきた2時間で一番短かったかとっ…(涙)移動時間が一週間ってくらい(笑)

静岡では凄く盛り上がったみたいですねっ!!「いいなぁ〜。」と一人ぽつり。公式サイトでも福岡の記事が一番短く画像もなくてショックでした。ヒッキーが持ってた静岡のイメージがライブで全然違ったみたいで、ギャップもよかったのかなあ。

福岡にいるんだけど静岡の話ね!!ってヒッキーの日記サイトのとこツッコミ入れそうになりました。福岡、楽しくなかったのかなあ…(;;)

私はKeep Tryin`の演出が一番好きだなぁ〜「すげぇ!!」の連発でした(笑)「自分も映りてぇ〜!!」しかしスタンドまでは無理か(笑)

「本気モードヒッキーに死ぬまでには会いたいなぁ。」そんな感想持っちゃったツアーでしたっ
Posted by at 2006年07月20日 16:03
???様>
熱いコメントありがとうございます(笑)

Keep Tryin’の演出良かったですよね〜〜!!
俺は近くのカメラの赤いランプが点灯する度に意識してしまう自分が情けなかったですが…(^_^;)

福岡のライブの事もこの後きっとヒッキーの日記に書かれると思いますよ(´∇`)
Posted by yagi at 2006年07月20日 22:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック