2017年02月26日

りな色の空。

2017年2月8日

私立恵比寿中学 出席番号9番
松野莉奈さんが18歳という若さで亡くなりました。

亡くなった原因として"致死性不整脈の疑い"という事が所属事務所から発表されています。

あまりに突然すぎる出来事でいまだに受け入れきれていない自分もいるんだけど…この日の事、
そしてりななんの事をいつまでも忘れないようにブログに気持ちを残そうと思います。



2/8のお昼。
いつものように会社でのお昼の準備をし終え、他の従業員が部屋に入ってきた時に同僚のAくんが「エビ中のメンバーが急死だって。名前なんて言ったっけ…」って言ってきた。

「ちょっと待って…何を言ってるの?」と思ったのと同時に「これは大変な事になったのかも…」っていう気持ち悪い感情に襲われました。

その日エビ中メンバーの小林歌穂ちゃんと中山莉子ちゃんが珍しく朝からブログを更新してて、新潟のラジオに出演するって書いてあったのを思い出して「えっ…もしかして途中で事故った?」とか考えてしまいそしたら身体が震えてきちゃって…誰にも見られないように気付かれないようにと車まで行っていつも飲んでいる薬を飲みました。

しゃがみながら震える手でツイッターを調べて目に飛び込んできたのは「私立恵比寿中学」「エビ中・松野莉奈さん」というワードでした。

それを見た瞬間叫びそうになるのをおさえるのに必死でした。


りななん…
あまりに突然すぎて、
意味が分からなくて、
理解できるはずもなくて…
そのあとは無心で仕事をしました。

仕事を終え帰宅してテレビをつけたらりななんの事が沢山のニュースで取り上げられていて、
18:30頃には公式ホームページでりななんが亡くなったことが発表されました。

エビ中のホームページに記された"死去"や"死亡"っていう言葉が信じられなくて、どこかでこれはなんの冗談なんだろうって思ってる自分もいました。


実は2月8日の2.3日前から突然歯が痛くなって、2月7日の夜から2月8日の朝にかけて痛みはピークになってました。
そのせいでほとんど眠れず、痛みで何度も起きました。
もしかしたら自分が起きた時間にりななんの身体に急変が起こってたと考えるとなんとも辛くて…何も感じず何もできなかった自分に腹が立ったりもしました…。

その次の日、歯医者に行った帰りに自販機でホットのミルクティーを見つけて、りななんの大好きな歌詞

「皆で一緒に帰った日 自販機ホットのミルクティー "温まるよ"って 君がくれた小さな宝物」

を思い出して、そろそろエビ中聴いてみようかなって選んだ「全力☆ランナー」
歌い出しのりななんの声を聴いた瞬間車の中で号泣しちゃいました。
多分この時に自分の中でやっと何が起こったのかを理解できたんだと思います。
と同時に今まで誰かをイメージしてた歌詞が全部りななんに置き換わって聴こえて…エビ中の曲がある意味全部変わってしまうかもという怖さも感じました。


そして2月14日の20時に校長の言葉が、
21時にはメンバー7人の言葉もブログにアップされました。

その時僕は名古屋にいて、駐車場に止めた車の中でその言葉を見て泣きました。
でもとりあえずエビ中は今後も続くと知って、少しだけ安心もしました。


その後、梅まつりイベントや台湾ワンマンやシアターシュリンプの中止が発表され、FCイベントが中止になる代わりに同じパシフィコ横浜で「松野莉奈を送る会」が執り行われる事が発表されました。


そして昨日の2月25日。
素晴らしい快晴の中「松野莉奈を送る会」に参列してきました。
受付開始の12時にはもう会場にいたのですが、その時にはもうすでに沢山の人達が列を作って待っていました。
会場のロビーに入るとエビ中の曲がずっとかかっていました。約1時間待って大ホールの中へ移動。
ホール内の縦の通路全部に参列者が並んでいて順番にステージにある献花台に移動していく感じでした。
座席には座れないようにロープで進入できないようになっていました。


祭壇はりななんのメンバーカラーの青い花でまとめられて逆U時のアーチの左側に「夏だぜジョニー」のりななんの大きなアーティスト写真が設置されていました。
りななんが好きって言ってたヒマワリの衣装。
確か他のメンバーに「りなは新しい衣装ができると毎回好きが更新されるよねー」ってメンバーに突っ込まれてたな〜って事を思い出したりもしました。

その祭壇と献花台に積み上げられたものすごい数の花、そしてホール内の重い空気、そしてどこからか聞こえてくるすすり泣く声を聞いたら否が応にも現実を受け入れるしかなくて息苦しくなりました。

そしてあと3人位で自分の番だって時にかかってきたまさかの「全力☆ランナー」
この曲はどんだけ泣かしにくるんだって思いました。
りななんの好きなあの歌詞が流れる中涙目でりななんに手を合わせました。
今までありがとうっていう気持ちと、その場に来れなかったファミリーのありがとうも伝えました。
でもあの写真を目の前にした時の記憶が曖昧で他に何を話したのか覚えてません。

そのまま会場外へ。
名残惜しそうに出口付近で待機してる人が沢山いました。

その後食事(いくら悲しくても生きてればお腹は空くのですね…)をして受付終了時間の16時頃、もう一度会場の入り口まで行きました。
お昼以上にたくさんの人が外に並んで待っていました。
ギリギリの時間なので走って列の最後尾に向かう人もいました。
ほんとに溢れんばかりの人人人でした。
そしてやっぱり全体的に黒い服を着てきた人が多かったです。


自分の中で理解できないほどの悲しい事が起こった時って時間はどんどん流れるけど、それに比例して悲しみは減っていかないんです。
人によってだと思うけど今回の僕はそうでした。
なので今回の送る会でひとつ区切りになる出来事を作ってくれた運営に感謝しています。
りななんへのお花を選んで、献花して、写真の前で手を合わせて、お礼を伝える事で自分自身もかなり救われた気がします。

約2万人の人が献花する為だけにあの場に集まったと思うと胸が熱くなります。
そしてあの場に行きたくても行けなかった人も沢山います。
その人達の思いもきっとりななんに届いていると信じています。



同じ時期にエビ中を好きになった同世代の友人がいてくれたおかげで、
沢山の楽しい時間や辛い時間をエビ中と共有してきました。
ライブに参加しはじめて3年以上経ちます。
気が付けば25本以上のライブを観ています。
もう自分の中でエビ中は大きすぎる存在になっています。
だから今回の事はほんとに信じられない出来事で…
送る会に参列して一夜明けた今でさえ受け入れたくない気持ちがあります。

今日改めてメンバーのブログを読みました。
当時はあまり頭に入ってこなかった言葉が今はすっと心に落ちてきます。
また大泣きしました。
少しづつだけど前に進めてる気もします。


人生ってほんとにいつ何が起きるか分からない。
明日を生きてる保証なんてどこにも無い。
当たり前の日常なんて無いんだよね。
だけどそれをずっと意識しながら、1日を悔い無く生きるってすごく難しい。

だから空から見てるりななんに笑われないように生きてく事は約束したいなって思います。
"100年有効の約束"
でももう100年は生きられないわ…(笑)


そして僕が知ってるりななんの印象。
エビ中の学芸会に行ってりななんが目の前に来た時のテンションの上がり具合は毎回ハンパなかったです。
すごく白くてほんとに綺麗で、ファミリーと目を合わせた時の照れた感じや振り向きざまのはにかんだ笑顔も圧倒的に可愛かった。
色んな所を見てくれるからいつもすごく目が合う印象がありました。
河口湖のファミえんの花道でりななんが目の前で歌ってくれた時。
もし天使がこの世界にいたなら、きっとりななんみたいな子なんだろうなって本気で思いました。
握手会の時も茶色い目でまっすぐこっちを見てくれるりななんにやられっぱなしでした。
歌やダンスを間違えてその後しばらく笑顔が消えたり、たまにボーっと何かと交信してたり(笑)
素直で嘘つけないりななんの人柄がほんとに大好きでした。
あと汗っかきなとこも自分と一緒で好きでした(笑)

8人体制のエビ中になって慣れたここ1年位のりななんは、誰よりもエビ中を楽しんでいたと思います。
そして自分の夢にも着実に近づいていただけに、ほんとにほんとに悔しいしもっと生きててほしかった気持ちでいっぱいです。

何よりご両親の辛さを思うと言葉が見つかりません。
りななんはご両親ととても仲良かったので、その大切な一人娘さんを18歳の若さで失った悲しさはとてもじゃないけど計り知れないです。




ただこのりななんの"若すぎる病死"は他の若いアイドルやアーティストに大きな影響を与えているのも確かなんです。

あるアイドルが体調不良でイベントを休みました。
今までだったら「ゆっくり休ませてください」っていうファンの声が一般的だったのが、
今は「ちゃんと病院で検査してください」になっているんです。
これってすごくないですか?
その一言でこれから救われる命があるかもしれないんですから。

それでも、なんでりななんなの?
っていう気持ちがずっと変わらないんですけどね…。



これから形は7人のエビ中になっちゃうけど、メンバーが言ってるように心はいつまでも8人のエビ中で進んでくと思います。

真山
あやちゃん
ぁぃぁぃ
美怜
ひなた
ぽーちゃん
りったん

こんな辛い現実信じられないよね。
だけどなんとか前向いて頑張ってほしい。
りななんの大好きなエビ中をもっと大きくしてほしい。

そしてこれからも変わらずに私立恵比寿中学を応援してく事を誓ってこのブログを終えたいと思います。


ここまで読んでくれた皆様
ほんとにほんとにありがとうございました。

もしエビ中に興味ない方でここまで読んでくれた方がいましたら、
1度エビ中の音楽に触れてみてください。
素敵な曲が沢山ありますから。







りななんへ。
りななんの笑顔が大好きです。
この先りななんがいなくて寂しくなった時は"りな色の空"を見てりななんの笑顔を思い出します。
絶対に忘れません。
今まで沢山の笑顔と幸せをありがとう。
また会おうね!


3D61CE99-5B44-4042-8A5C-1BFF90BECCFA.jpg


posted by Yagi at 23:56| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 私立恵比寿中学 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック