2005年08月17日

日本vsイラン。

ドイツW杯への出場は前回の北朝鮮戦で既に勝ち取ったジーコジャパン。

しかし、その後の東アジア選手権。
俺のシナリオなら北朝鮮戦は余裕でかわし、中国戦も難なく勝って、
最後に前回の王者韓国をぶっ倒し気持ち良く王者奪還成功となるはずだったのだが・・・。
まあ正直そこまで簡単に行くとは思っていなかったけど、ここまで酷いとも思っていなかったわけで。

初戦の北朝鮮戦でいきなり日本のやる気の無さ炸裂!!(怒)
田中達也と北朝鮮の溢れる闘志だけが目立ちいきなりの敗戦。
続く中国戦ではスタメン全員入れ替えという監督の投げっぱなしジャーマン炸裂でドロー。
最後の韓国戦ではやっと気持ちの入ったプレイが出てきてなんとか勝ったものの、
2代目王者の座はあっさりと中国にかっさらわれ、日本にとっては散々な結果に終わった。

そして今日。
最終予選で唯一負けたイランを相手に日本がどれだけのモチベーションをもって試合に臨むのか?!
そこだけを注目していた。

とりあえずスタメンは普段の国内組といっていいのかな。
3バックのダブルボランチの2トップ。
まあ一番信頼できるシステムで安心。

試合開始前の選手の顏を見るとやけに気合入ってる。

日本のキックオフで試合開始と同時にイランの選手がボールにダッシュ。
キックオフのやり直しなんて久しぶりに見たよ。
こういうの見ると相手も気合入ってるなぁって感じがしてワクワクする(笑)

前半、日本はかなり積極的に攻めた。
中でも俺を驚かせたプレイは大黒の振り向きざまノートラップシュート!!
こういうプレイが見たいんだよっ!!って叫んだね(笑)

それと対照的だったのが玉ちゃん・・・。
良い所までは行くんだけどどうしてもボールに嫌われてる。
最終予選では点決めてないもんね。
ただ必死さはものすごく伝わってきた。

そしてその玉ちゃんからの攻撃で得点が生まれた。
玉ちゃんからのセンタリングを大黒が見事なスルー・・・(笑)
そこにつめてた加地君があっさりシュート。
決まる時はこんなにあっさりと決まるんだよね、ほんと。

後半、コーナーキックから大黒がヘッドしたボールが相手DFに当たって跳ね返った。
その跳ね返ったボールが不運にも相手キーパーに当たってのゴール。
ゴールラインを超えたという判定で、ゴールネットが揺れないままの微妙な2点目だった。

そのあと中澤がペナルティエリアで相手を倒しちゃってPK。
ここはきっちりとアリダエイが決めて2-1。
でもここ川口惜しかった・・・。

で、そのまま試合終了。

まあ得点シーンこそ微妙だったけど、今回選手は良くやったと思う。
勝つという気持ちが伝わってきたし、アジアで1番になるという意思が感じられた。
何より、相手に合わせるサッカーじゃなくて自分達のサッカーができてたと思う。
前半は1点取ってからも積極的に攻めていたし、終盤も全員できっちりと守れてた。

その一方でやっぱり目に付く相変わらずな決定力不足。
ボールキープしてからパスする相手を探す遅い攻撃。
そのせいでパスをカットされる場面も多かった。

ただ今日のように前半からアグレッシブに試合を進める事ができて、
中田の言う1対1で勝つ事ができるよう個人が常に世界を意識してレベルアップできれば
W杯でベスト8を狙う事も夢ではないかもしれない?!

とりあえず今日は頑張った!!
W杯アジア予選B組1位通過おめでとう!!

posted by Yagi at 23:48| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック